企業における人材育成の現在とこれからの流れ

知識、技術を身につけるためにセミナーや研修を受ける

社員研修

社員研修の方法と価格傾向について

社員への教育は、会社にとって重要な役割を果たす。その社員研修にはいくつかの方法があり、それぞれ金額も異なってくる。 まずは、社内の人材を講師として研修を行う方法がある。通常は、社内においても特定の業務に対して詳しい知識を持った人がいる。また、業務経験が長い人なども様々な知識を持っているケースもある。さらに、大きな規模の会社では社員研修を専門に扱う部署を持っている場合もある。これらの社内の人材を活用し社員研修を行えば、対外的な費用が発生せず行うことができる。 また他には、外部から講師を呼び社内で研修を行ってもらう方法や、外部の研修やセミナーなどに参加させるという方法もある。これらでは、一般的に数万円から数十万円程度の費用が必要になる。

研修方法の変遷について

社員研修では、これまでは社内の人材で行うことが一般的になっていた。社員研修のスタイルよりは、業務を行いながら先輩から後輩に仕事を教えていく形が一般的となっていた。 しかし、最近では外部講師を招き入れて研修を開いたり、外部で開催されているセミナーなどに参加させることで社員研修を行うケースが増えている。これらのように変遷してきている背景には、いくつかのことがある。 まずは、外部研修の充実がある。最近では、各業界の様々な分野について研修が開かれており、それらに関する業者も多くなっている。このような、外部研修のメニューの充実が背景としてある。 また、社内のある同じ知識のみではなく、新しい知識を外部研修で身につけ、会社の業務に生かしてもらいたいということもある。