企業における人材育成の現在とこれからの流れ

知識、技術を身につけるためにセミナーや研修を受ける

営業育成の背景

営業の育成における金額の傾向について

営業の育成に関するサービスとしては、セミナーや研修など様々なものが提供されています。企業にとっては業績に直結するものとして非常に重要度の高いものでありながら、社内ではなかなか行われることが無いものでもあります。それは、営業の育成をシステム化してまで取り組む企業が少ないことが背景にあります。 そこで専門に行う業者を依頼する企業が多いことから、セミナー開催などが増える結果となり、その費用もそれほどには必要としないものとなってきています。しかもその内容を細分化し、例えばテレアポや提案、接客マナーなどとピンポイントで育成教育を行うことから、営業マンごとに必要に応じて選ぶことができるようになっているわけです。

これまでの歴史や変遷について

営業の育成といえばこれまでは、割と根性論や精神論に偏るものが多かったものです。営業とは経験と勘で成果を出すもの、技術は盗むものといった風潮もあり、きちんとシステム化された育成システム化は無かったものです。 けれども近年では営業の業務効率を上げるためには、その活動の分析と対策によってシステム的に成果を上げるものとなっています。 つまり基本的には営業の技能は、すなわち学習力を高める方法論という形で高める方向へとシフトしているわけです。その上で、分析結果を実践に移す上で必要となるスキルをセミナーなどで身に付けるといったスタイルに変わってきているわけです。また、個人主義からグループ全体での成績を重視されるようにもなってきています。