企業における人材育成の現在とこれからの流れ

知識、技術を身につけるためにセミナーや研修を受ける

人材育成

管理職の育成にも力を入れています

企業の人材育成は、新入社員を含めた若者に対するものばかりではなく、ベテラン社員に対しても行われています。近年、特に注目されているのがベテラン社員の中でも管理職研修です。若手社員を束ねる管理職の手腕によって、大きくチーム力が違ってくるからです。企業の業績にも直結するので、管理職研修にも注力しているわけです。このように企業側で主催する管理職研修などは、人事部からの募集に応募すれば管理職研修を受講することが可能です。企業側で主催してくれない場合は、管理職研修を主催している研修業者に申し込みをすれば、受講が可能になります。年功序列の企業が少なくなる中で、管理職であっても安泰ではなくなりました。常に自己啓発を求められる時代になりました。

人の上に立つというのは難しいものです

管理職研修は、企業の経営陣が望む場合が非常に多いです。管理職の実力で、企業業績が左右されるからです。管理職の役割は幅広く、取引先に対しても細心の配慮が必要なのは当然ですが、企業内での上位組織に対する報告、管理するメンバの人心掌握といった様々なことが求められます。しかし、多くの人は、このような能力を最初から持ち合わせているわけではありません。資質も必要ですが、論理的に管理職に関する知識を理解することによって、身に付く技能も少なくありません。こうしたことを管理職研修で身につけさせようと経営陣は考えているのです。また、本人が管理職研修を熱望するケースも少なくありません。管理職に抜擢された若手社員などは、積極的に社外で開催される管理職研修を受講しているようです。

  • 研修の範囲

    仕事を初めてする時は研修を受けることがあります。仕事の基礎を知る必要が有るためで、最近では管理職の人までこの研修が行われていて、研修といっても新人だけというわけではなくなってきています。

    ▶もっと読む

  • 営業育成の背景

    営業を行なう人の育成はセミナーや研修などで提供されています。業績に直結するため多くの企業が積極的に取り入れています。最近ではシステム化して簡単にこのセミナーなどに受けることが出来るようになっています。

    ▶もっと読む

  • 社員研修

    社員研修の方法は会社によって様々ですが、その研修方法はたいてい決まってきます。中でも講師に指導してもらうセミナーなどを取り入れている会社は非常に多く、会社の規模が大きくなるほどこのセミナーは重要な位置になります。

    ▶もっと読む

  • 内定者フォロー

    内定者に対してフォローを行なう起業は非常に多く存在します。その理由の1つに他の企業への心変わりや内定変更などを防止するためがあります。また親睦をはかるためでもあり、内定者に対した起業の取り組みがあります。

    ▶もっと読む